子供の閉じ込め

小さな子どもが家の中や車の中に閉じ込められてしまうというのはよく起こるケースです。
どんなケースが起こるかというと、例えばお母さんがベランダに出ていて洗濯物を干しているとします。部屋の中にいる子供が寒くないようにお母さんは窓を閉めます。
すると子供はお母さんのところへ行きたいので窓を開けようとします。見よう見まねで窓を開けようと思って誤ってクレセントをおろしてしまい、鍵をロックしてしまうのです。
お母さんがそれに気づいて窓を開けさせようとしますが子供には伝わらず、あけることができません。二人でパニックになってしまいます。

その他にも玄関の鍵のサムターンを回してしまって鍵をかけてしまったり、車のロックボタンを触ってインロックにしてしまうというようなことがしばしば起こります。

どうしようもない場合はガラスを割って中に入ることもできるのですが、これは最後の手段です。車の場合はガラスを割ることも難しいですし。
ですから、鍵屋さんを呼んだり、ベランダから近所の人に助けを求めるしかありません。

車の閉じ込めは路上やショッピングモールの駐車場で起こることが多いです。
ちょっと自販機でジュースを買っている隙だったり、荷物を車に運んでいる間だったりにこのようなトラブルが起こります。